9月4日 バンコク→チェンマイ

今日はバンコクからチェンマイへの移動日。朝7時に起きて7時20分にチェックアウトしようと思っていたのだが、朝起きてみたらすでに7時25分! あわててチェックアウトしてドンムアン空港へ向かう。まずBTSモーチット駅で降り、A1かA2のバスを待つ。ほどなくしてA2のバスに乗る。幸い時間に余裕をもっていたので、搭乗にはらくらく間に合ったが、気をつけなくては。やはり部屋に窓がなかったのが敗因か。

AirAsia ドンムアン空港9時25分発 FD9001便に乗り、10時40分チェンマイ空港着。本当はバスなどで市の中心部まで行きたいのだが、バス乗り場も見当たらないので、今回もエアポートタクシーを利用。150バーツ。チェンマイで泊まるホテルAnodard Hotelは一泊2000円以下の格安ホテルなのだが、ちゃんと場所は通じたので一安心。

▲チェンマイ空港。コンパクトでかわいい

さてこのAnodard Hotel、泊まるのは初めてだが、名前には覚えがあった。昔は立派なホテルだったんだろうなという感じが伝わってくるたたずまい。ボーイが部屋まで案内してくれたのも今回泊まった3つのホテルではここだけ。しかし、部屋に入って初めて気づいたのだが、扇風機だけでエアコンがなかった。予約時確認したつもりだったが、間違えたか。
幸い、この時期のチェンマイはそれほど暑くなかったのでとくに問題はなかったが、気をつけなければ。

▲Anodard Hotel 室内。テレビがブラウン管というところに歴史を感じる
▲Anodard Hotel外観
ホテルから出て近所を歩いてみると、すぐランドリーサービスがあったり、レンタルサイクル店があったりして、かなり便利な立地。ただ、セブンイレブンは閉まったままだったり、観光客向けの店でも閉まっているところがあったりと、まだまだ完全復活にはいたってないなという感じ。

とりあえずレンタルサイクル店で自転車を借りる。1日50バーツ。まずターペー門をめざして北上。ターペー門近くの食堂でカオニャオマムアン(マンゴーともち米のデザート)を注文。安定のうまさ。とくにチェンマイ名物というわけではないが、カオニャオマムアンを初めて食べたのがチェンマイということもあり、チェンマイに来ると毎回食べている。

▲レンタルサイクル店。1日50バーツ

▲カオニャオマムアン

次にシルバーテンプルとも呼ばれる寺院 ワットシースパンをめざす。ここは本堂や外壁などが銀の装飾でおおわれた寺院。今までチェンマイには何度も来ているがこの寺院は初めて。入場料50バーツかかったが、来てよかった。

▲ワットシースパン

このあといったん旧市街の中に戻って、市内西部のニマンヘミン通りを目指したのだが、西側の堀沿いの大通りをなかなか横断できない。このまま進んでいたらめちゃくちゃ遠回りになる〜。
などと思っていたら何やら雲行きもあやしくなってきたので、自転車は返却してホテルに戻ることに。結局2時間ちょっとしか借りなかったなぁ。
あとちょっとでホテルというところで、いよいよ雨が降ってきて急いでホテル内へ。

夕方になり、ようやく雨もやんだので再び外出。またターペー門へ向かいしばらくその辺を散策。やはり以前入ったことのあるレストランが閉まっていたりとコロナの影響が感じられる。夕方6時前。そろそろサンデーマーケットも始まるころだ。

▲サンデーマーケット

▲ワット・チェディルアンもライトアップされてきれい

▲夕食はサンデーマーケットの露店で買ったパッタイ

サンデーマーケットは、以前よりは出店数も人手も減ったかとは思うが、それでもなかなかの賑わい。ここは商売っ気も少なく、のんびりと見て回れるので好き。ただ、全部見て回ると途方もなく時間がかかる。今回も2時間近くは見てまわったが途中でギブアップしてホテルに引き返した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

9月3日 バンコク(続き)

次の記事

9月5日 チェンマイ